名前

Mojo::Server::Daemon - ノンブロッキングI/OのHTTPとWebSocketのサーバー

Mojo::Server::Daemonは完全な機能を持つノンブロッキングIOのHTTPとWebSocket のサーバーです。IPv6, TLS, コメット(ロングポーリング), キープアライブ, 複数のイベントループをサポートしています。

よりよいスケーラビリティ(epoll, kqueue)、ノンブロッキングの名前解決、 SOCK5、TLSサポートも以下のモジュールによってサポートされます。 オプションのモジュールとしてEV(4.0+), Net::DNS::Native (0.15+) IO::Socket::SSL(2.009+),IO::Socket::Socks (0.64+)が 透過的にサポートされ、インストールされていれば利用されます。 個々の機能はMOJO_NO_NDNMOJO_NO_IPV6MOJO_NO_TLS環境変数で無効にすることもできます。

デプロイメントのレシピについてはMojolicious::Guides::Cookbook を見てください。

使い方

use Mojo::Server::Daemon;

my $daemon = Mojo::Server::Daemon->new(listen => ['http://*:8080']);
$daemon->unsubscribe('request');
$daemon->on(request => sub {
my ($daemon, $tx) = @_;

# リクエスト
my $method = $tx->req->method;
my $path   = $tx->req->url->path;

# レスポンス
$tx->res->code(200);
$tx->res->headers->content_type('text/plain');
$tx->res->body("$method request for $path!");

# トランザクションのレジューム
$tx->resume;
});
$daemon->run;

シグナル

Mojo::Server::Daemonプロセスは次のシグナルによって実行時にコントロール可能です。

INT, TERM

すぐにサーバーをシャットダウンする。

イベント

Mojo::Server::DaemonMojo::Serverのすべてのイベントを継承しています。

属性

Mojo::Server::DaemonMojo::Serverのすべてのメソッドを 実装しており、次の新しいメソッドを実装しています。

acceptors

my $acceptors = $daemon->acceptors;
$daemon       = $daemon->acceptors(['6be0c140ef00a389c5d039536b56d139']);

アクティブなアクセプター。

backlog

my $backlog = $daemon->backlog;
$daemon     = $daemon->backlog(128);

リッスンバックログサイズ。デフォルトはSOMAXCONN

inactivity_timeout

my $timeout = $daemon->inactivity_timeout;
$daemon     = $daemon->inactivity_timeout(5);

接続がドロップする前に非アクティブでいることができる最大の秒数。 デフォルトはc環境変数の値か15です。 この値を0に設定すると無限に非アクティブでいます。

ioloop

my $loop = $daemon->ioloop;
$daemon  = $daemon->ioloop(Mojo::IOLoop->new);

サーバーのIOのためのイベントループ。 デフォルトはMojo::IOLoopのシングルトン。

listen

my $listen = $daemon->listen;
$daemon    = $daemon->listen(['https://127.0.0.1:8080']);

ポートのリストとリッスンのためのファイル。 デフォルトはhttp://*:3000(http://0.0.0.0:3000のショートカット)。

# すべてのIPv4インターフェースでリッスン
$daemon->listen(['http://*:3000']);

# すべてのIPv4とIPv6のインターフェースでリッスン
$daemon->listen(['http://[::]:3000']);

# IPv6インターフェースでリッスン
$daemon->listen(['http://[::1]:4000']);

# IPv4とIPv6インターフェースでリッスン
$daemon->listen(['http://127.0.0.1:3000', 'http://[::1]:3000']);

# 同じポート(SO_REUSEPORT)を使うために、複数のサーバーを許可する
$daemon->listen(['http://*:8080?reuse=1']);

# 同時にHTTPとHTTPSの二つのポートでリッスン
$daemon->listen(['http://*:3000', 'https://*:4000']);

# カスタムのサーバー証明書とキーを使う
$daemon->listen(['https://*:3000?cert=/x/server.crt&key=/y/server.key']);

# さらにカスタムの認証局を使う
$daemon->listen(
['https://*:3000?cert=/x/server.crt&key=/y/server.key&ca=/z/ca.crt']);

以下のパラメータが現在は利用可能です。

ca
ca=/etc/tls/ca.crt

TLS認証局ファイルへのパス。

cert
cert=/etc/tls/server.crt

TLS証明書ファイルへのパス。デフォルトは組み込みの証明書です。

ciphers
ciphers=AES128-GCM-SHA256:RC4:HIGH:!MD5:!aNULL:!EDH

TLSチッパー仕様の文字列。さらなるフォーマットについての情報は以下をみてください。

https://www.openssl.org/docs/manmaster/apps/ciphers.html#CIPHER-STRINGS.

fd
fd=3

すでに準備されているリッスンソケットのファイルディスクリプタ

key
key=/etc/tls/server.key

TLSキーファイルへのパス。デフォルトは組み込みの試験用のキーです。

reuse
reuse=1

SO_REUSEPORTソケットオプションで同じポートを使うために、複数のサーバーを許可する

single_accept
single_accept=1

一度に一つだけの接続を受け入れる

verify
verify=0x00

TLSバリフィケーションモード。デフォルトは0x03

version
version=TLSv1_2

TLSプロトコルのバージョン。

max_clients

my $max_clients = $daemon->max_clients;
$daemon         = $daemon->max_clients(1000);

このサーバーが、新しく来る接続を受け入れを停止する前に。 扱うことを許可する 並列のクライアントの接続の最大数。 一緒に、Mojo::IOLoopmax_connectionsが渡されます。

max_requests

my $max = $daemon->max_requests;
$daemon = $daemon->max_requests(250);

コネクションあたりのキープアライブリクエストの最大数。 デフォルトは25

silent

my $bool = $daemon->silent;
$daemon  = $daemon->silent($bool);

コンソールのメッセージを無効にする。

メソッド

Mojo::Server::DaemonMojo::Serverのすべてのメソッドを 継承しとり、次の新しいメソッドを実装しています。

ports

my $ports = $daemon->ports;

このサーバーが現在リッスンしているすべてのポートを取得

# すべてのポート
say for @{$daemon->ports};

run

$daemon->run;

サーバーを実行します。

start

$daemon->start;

接続の受け入れを開始します。

# ランダムポートでリッスン
my $port = $daemon->listen(['http://127.0.0.1'])->start->ports->[0];

# 並列に複数のWebサーバーを実行する
my $daemon1 = Mojo::Server::Daemon->new(listen => ['http://*:3000'])->start;
my $daemon2 = Mojo::Server::Daemon->new(listen => ['http://*:4000'])->start;
Mojo::IOLoop->start unless Mojo::IOLoop->is_running;

stop

$daemon = $daemon->stop;

接続の受け入れを停止します。

デバッグ

MOJO_DAEMON_DEBUG環境変数を設定すると、詳細な情報をSTDERRに出力することができます。

MOJO_DAEMON_DEBUG=1

参考

Mojolicious, Mojolicious::Guides, http://mojolicio.us.

(Mojolicious 8.12を反映。2019年5月28日更新)