名前

Mojo::Upload - アップロード

Mojo::Uploadはアップロードされたファイルのためのコンテナです。

使い方

use Mojo::Upload;

my $upload = Mojo::Upload->new;
say $upload->filename;
$upload->move_to('/home/sri/foo.txt');

属性

Mojo::Uploadは次の属性を実装しています。

asset

my $asset = $upload->asset;
$upload   = $upload->asset(Mojo::Asset::File->new);

アップロードされたデータを含む資源。 通常はMojo::Asset::FileMojo::Asset::Memory

filename

my $filename = $upload->filename;
$upload      = $upload->filename('foo.txt');

アップロードされたファイルの名前

headers

my $headers = $upload->headers;
$upload     = $upload->headers(Mojo::Headers->new);

アップロードのためのヘッダ。デフォルトはMojo::Headersオブジェクトです。

name

my $name = $upload->name;
$upload  = $upload->name('foo');

アップロードの名前

メソッド

Mojo::UploadMojo::Baseのすべてのメソッドを継承しており、 次の新しいメソッドを実装しています。

move_to

$upload->move_to('/home/sri/foo.txt');

アップロードされたデータを指定したファイルに移動します。

size

my $size = $upload->size;

アップロードされたデータのバイトサイズです。

slurp

my $string = $upload->slurp;

アップロードされたすべてのデータを一度に読み込みます。

参考

Mojolicious, Mojolicious::Guides, http://mojolicio.us.

(Mojolicious 8.12を反映。2019年5月30日更新)