名前

Mojolicious::Command::prefork - プリフォークコマンド

Mojolicious::Command::preforkMojo::Server::Preforkのバックエンドで アプリケーションを開始します。

いつでも有効になっていて、 これをフォークして新しいコマンドの構築を学ぶための、よいサンプルになっています。

デフォルトで利用可能なコマンドの一覧についてはMojolicious::Commandsコマンドの項目をみてください。

使い方

使用方法: APPLICATION prefork [OPTIONS]

./myapp.pl prefork
./myapp.pl prefork -m production -l http://*:8080
./myapp.pl prefork -l http://127.0.0.1:8080 -l https://[::]:8081
./myapp.pl prefork -l 'https://*:443?cert=./server.crt&key=./server.key'
./myapp.pl prefork -l http+unix://%2Ftmp%2Fmyapp.sock -w 12

オプション:
-a, --accepts <number>               ワーカーが受け入れる接続の数
デフォルトは1000
-b, --backlog <size>                 リッスンバックログのサイズ
デフォルトはSOMAXCONN
-c, --clients <number>               並列クライアントの最大数。デフォルトは1000
-G, --graceful-timeout <seconds>     グレースフルタイムアウト、デフォルトは20
-I, --heartbeat-interval <seconds>   ハートビートの間隔。デフォルトは5
-H, --heartbeat-timeout <seconds>    ハートビートのタイムアウト。デフォルトは20
-i, --inactivity <seconds>           インアクティビティタイムアウト。デフォルトは
MOJO_INACTIVITY_TIMEOUTの値か15
-h, --help                           Show this summary of available options
--home <path>                    Path to home directory of your
application, defaults to the value of
MOJO_HOME or auto-detection
-l, --listen <location>              リッスンしたいひとつかひとつ以上の位置
デフォルトはMOJO_LISTENの値か"http://*:3000"
--multi-accept <number>          一度に受け付けるアクセプトの接続の数
デフォルトは50
-m, --mode <name>                    Operating mode for your application,
defaults to the value of
MOJO_MODE/PLACK_ENV or "development"
-P, --pid-file <path>                プロセスIDファイルのパス
デフォルトはランダムなファイル
-p, --proxy                          アクティブなリバースプロキシのサポート
デフォルトは、MOJO_REVERSE_PROXYの値
-p, --proxy                          Activate reverse proxy support,
defaults to the value of
MOJO_REVERSE_PROXY
-r, --requests <number>              キープアライブコネクションあたりの
リクエスト数の最大。デフォルトは25
-s, --spare <number>                 Temporarily spawn up to this number of
additional workers, defaults to 2
-w, --workers <number>               ワーカーの数。デフォルトは4

属性

Mojolicious::Command::preforkMojolicious::Commandを継承しており、 次の新しいものを実装しています。

説明

my $description = $prefork->description;
$prefork        = $prefork->description('Foo');

このコマンドの短い説明。コマンドの一覧のために利用されます。

usage

my $usage = $prefork->usage;
$prefork  = $prefork->usage('Foo');

このコマンドの使用方法。ヘルプ画面のために使用されます。

メソッド

Mojolicious::Command::preforkMojolicious::Commandのすべてのメソッド を継承しており、次の新しいメソッドを実装しています。

run

$prefork->run(@ARGV);

このコマンドを実行します。

参考

Mojolicious, Mojolicious::Guides, http://mojolicio.us.

(Mojolicious 8.12を反映。2019年6月5日更新)